金融業者からの借入れを完済した。

現在も返済中だが、5年以上前から借入れと返済を繰り返している。

返しても、ぜんぜん減らない。

借り始めた時期は覚えていないが、年20数%の利息を支払ったという記憶がある。

借金が残っているときに、貸金業者からゼロでの和解を勧められたことがある。

貸金業者から取引履歴を自分で取り寄せたが、過払いになっているかどうかわからない。

過払い金を取り戻したいが、業者との交渉がうまくいかない、裁判をして取り戻したい。

借入れや返済に関する契約書、振込明細書などの資料が残っていなくても可能です。

→これらにあてはまる方は一度ご相談ください。

弁護士に依頼した場合、私は何をすればいいですか??

最初に、債権者の詳細を教えていただきますが、依頼後にご本人がしなければいけないことはほとんどありません。依頼後の手続きは弁護士が行いますので、仕事が忙しく時間が作れない場合や、ご家族に知られたくないといった場合でも、手続きを進めることができます。


自分で過払いの手続きを行えますか??

可能です。しかし、貸金業者によっては、個人が相手だとなかなか交渉に応じなかったり、大幅な減額を求めたり、といったこともあるようです。こうした点を考えれば、弁護士への依頼も良しといえます。


過払い金があった場合、請求したら戻ってきますか??

大手の消費者金融業者などの場合、一般的には過払い金の返還に協力的と言えます。しかし、街金や商工ファンドなど、小さい業者の場合は、返還になかなか応じないということもあります。こうした場合は、裁判を起こして返還請求を行う事もあります。


消費者金融から借りたことがある場合、必ず過払いはありますか??

過払い金というのは、今まで金融業者へ続けていた返済について、利息制限法での再計算を行った結果、利率が高いなどの理由で発生する払いすぎたお金です。消費者金融にお金を借りているからといって、必ず過払いがおこるというものではありませんが、長年返済を続けていて、なかなか元金が減らない、といった場合、過払い金が発生している可能性があります。


親族には知られたくないのですが??

過払い金の請求を弁護士に依頼される場合は、手続きはすべて弁護士が行いますので、会社や家族に知られることなく、手続きを進めることができます。


おおげ法律事務所